cafe檸檬のブログ
沼津市のカフェ檸檬のブログです。 カフェ檸檬で行われるイベントなどの情報を掲載しています。 詳細はお問い合わせください。(TEL 055-962-3768)                        カフェ檸檬のホームページ→http://www.cafe-remon.com/index.html

プロフィール

カフェ檸檬のブログです。

カフェ檸檬

Author:カフェ檸檬
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



北斎道子作猫のオブジェにそっくり!

そっくりmi-ko
ミミのお気に入りお店の一等席でお昼寝中。以前いただいた猫のオブジェに色といい柄と言いそっくりです。人の目お構いなしに猫らしいマイペースで無防備に寝てますが、外の世界では生きていけませんよ。今日も幸せな時間が過ぎていきます。うらやましいようなストレスなしの生活。でもそれなりの悩みもあるのでしょうか。餌が好みじゃないとか、勝手に触られるとか。安眠を妨げられるとか。動物語が分かるドリトル先生に聞いてみたいです。

今月のシネマクラブは泉鏡花の「婦系図」でした。紅涙を絞りました!

w516.jpg
kazedemokkaze
風邪でもないのに鼻水をすする音がそこここで。涙腺崩壊映画の一本。高野聖、天守物語、外科室…現代にも通じる作品を多く生み出した泉鏡花。実際の体験をもとに書かれた「婦系図」。大恩人の真砂町の先生は、実際は師である尾崎紅葉ですが、「私をとるか、女をとるか」と迫られて最愛の人と泣く泣く別れる義理と意地の物語。当時の二人の美学が分からないと、何のことやら理解不能の人がいそうでかえって時代の怖さを感じます。健さんが意地と義理で死ぬとわかって殴り込みなんて馬鹿な男の無駄死にに見えるのでしょうね。映画もその時代の人々の生き方考え方、そして感性も理解してから鑑賞する時代なのかもしれません。

あんみつの季節が参りました。

annmitu
冷たい寒天に白玉バニラアイスと季節のフルーツ。黒蜜をたっぷりかけてお召し上がりください。限定ですがなるべく毎日作ります。以前ある時だけメニューと言って提示したらお客様に笑われました。餡子も作るのでこれが結構大変で。お茶付きで1000円。結構満足感がありますよ。日本人でよかった!暑い季節の風物詩あんみつをどうぞよろしく。

「山猫」で共演。アラン・ドロンとクラウディア・カルディナーレ

20100921141127.jpg
カルディナーレは、「若者のすべて」で、兄嫁として地味に出演していました。ヴィスコンティの手にかかると二人の魅力が倍増します。「山猫」には、アメリカ人のバート・ランカスターも出演していますが、撮影現場では何語で話しているのでしょうか。とにかく世界が広くなって、どんなシーンもとれるようになった(おもにCGですが)現在ですが、名監督と俳優のオーラででは負けますね。若くても大人の魅力。二人ともいまだ健在で、いてくれるだけでもありがたい気がするのは、私だけでしょうか?

5月のシネマクラブは「脱走山脈」でした。

Cv8fwlLVYAEJHvx_convert_20190524083007.jpg
「脱走山脈」は1963年イギリス映画。監督はマイケル・ウィナー。アメリカに行く前の最後の作品になります。主演のオリバー・リードは、キャロル・リード監督の甥。特異の風貌ですが、このくらいの顔でないと象とのバランスが取れません。ドイツ軍の捕虜になったら、人手不足の動物園の象係に。ほかの捕虜もチンパンジーやら、ラクダやらの飼育係を仰せつかっています。動物園が爆撃され、象とともに徒歩、移動する途中,幾多の危機にさらされ最後は象のルーシーとともにアルプスを越えオーストリアに亡命します。珍しい戦争映画ですが、風景とフランシス・レイの音楽が美しい。CG抜きの戦闘シーンの数々、SSの高官もいい味出してます。後味の悪くない戦争映画たまにはいいものです。