cafe檸檬のブログ
沼津市のカフェ檸檬のブログです。 カフェ檸檬で行われるイベントなどの情報を掲載しています。 詳細はお問い合わせください。(TEL 055-962-3768)                        カフェ檸檬のホームページ→http://www.cafe-remon.com/index.html

プロフィール

カフェ檸檬のブログです。

カフェ檸檬

Author:カフェ檸檬
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



母物の時代Ⅱ「次郎物語」望月優子

4f09e75b_convert_20210412125115.jpg
幼いころ望月優子が出てくると何とも言えず悲しくなって胸が苦しくなるようで困ったものです。当時の母物の二代女優と言えば三益愛子と望月優子。個人的には望月優子ファンです。子供を撮っては日本一清水宏監督の1955年作品。下村湖人の「次郎物語」は幾度か映画化されていますが望月優子が出ているだけでしみじみとやさしい気持ちにさせてくれるから不思議です。後妻の小暮三千代もいいですね。病弱な母に代わって次郎を育てる乳母の役。離れても見守っていてくれる情愛の深い人です。ようく人としての気持ちがわかるかけがえのない昭和の母。「日本の悲劇」「女の園」「晩菊』「米」・・幾多の名監督に使われた市井のおかあさん女優。社会党から出て議員にもなりましたが、女優一筋でも十分社会に訴える力を持っていた人だと思います。残念ながら60才でなくなって今の時代では高齢とは言えない年齢でした。


母物の流行した時代。

20190828074935_convert_20210412124234.jpg


先日シネマクラブで鑑賞した「母の旅路」(米)はセーターガールで一世を風靡した美人女優ラナ・ターナーが主人公。ラナ自身は7回の結婚を繰り返し自分の愛人を娘が殺してしまうという致命的ともいえるスキャンダルに見舞われます。後に美人をかなぐり捨てた捨て身の演技で「母の旅路」は大ヒットします。身にそぐわない結婚で幼い息子と別れ、その息子を守るため殺人を犯し何も知らぬ息子が彼女を弁護するという無理やりのストーリー。しかしわかっていてもまんまとはまってしまう涙涙の母物の代表格。今は終わっても延々とクレジットが出ますが、当時はエンドマークのあとはすぐに明るくなったので、困った人がたくさんいたでしょうね。泣きながら映画館を後にする人が多かったとか。ハリウッドシステムが支えていた時代の俳優、音楽、インテリア、衣装も大いに楽しめる作品です。

春です。檸檬の庭が変わりました!

hei.jpg
以前の詫びすぎた塀が大好きでしたがあまりの傾きに倒壊の危機。工事を始めてみたら土台に白アリさんがしこたまお住まいになっていてあきらめがつきました。檸檬に似合わぬおしゃれな塀というよりフェンス。小さなつたを絡めて緑が一気に広がる初夏を待ちましょう。店の表にはいろいろなハーブを入れて、趣味と実益を兼ねた楽しい庭になりそうです。

三船敏郎賛 銀嶺の果て・ジャコマンと鉄・無法松の一生

647ed08657ed779f8231f0cb163dbd09.jpg
三船敏郎と言えば「侍」というイメージですが、初期の頃の野性味あふれる朴訥な青年や、彼の地のままと言われている無法松を演じた壮年期の作品を見直してみて、恐れ入ってしまった今日この頃です。西部劇のイメージの強いジョン・ウェインも「静かなる男」がとてもいい。1952年制作の「東京の恋人」では原節子と共演していて、スーツ姿のスマートでちょっとシャイな三船が見られます。「ジャコマンと鉄」は深作監督で高倉健と丹波哲郎共演でリメイク。こちらの作品の評価が高いのですが、船乗りの三船が、あこがれの美少女に合いに行くそれも遠くから見るだけの純なシーンがなんともいいのです。これが男の意地とプライドのぶつかり合い!などという声高な主張もなく、生活の中の男の矜持が心地いい。時代と言えばそれまでですが、名前も名乗らず相手を糾弾罵倒しているネット社会にはない、時代の「さわやかさ」に感動する多くの作品群。三船敏郎のすごさを追体験しています。

明けましておめでとうございます。

mimiko.jpg
今年もよろしくお願いします。ということで我が家のミミちゃん登場。ご挨拶のお辞儀をお見せしようと写真を探しましたが、これじゃどうしても寝てますね。それにしても相変わらずべたっと突っ伏して寝るのが不思議。ちゃんと呼吸はできているのでしょうか。店でお調子者に火がついてテーブルに乗ってお客様に叱られていますが、困ったちゃんの猫ともども檸檬をよろしくお願いします。