cafe檸檬のブログ
沼津市のカフェ檸檬のブログです。 カフェ檸檬で行われるイベントなどの情報を掲載しています。 詳細はお問い合わせください。(TEL 055-962-3768)                        カフェ檸檬のホームページ→http://www.cafe-remon.com/index.html

プロフィール

カフェ檸檬のブログです。

カフェ檸檬

Author:カフェ檸檬
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



この子は誰でしょう?面影ありますね。

1024" height="1024" />
Drjq4xvVsAU0DJd[2037]_convert_20190116214912
幼少期のアラン・ドロンです。目鼻立ちは整っていてやはり美形ですね。幼いころに両親が離婚し、母の再婚相手とうまくいかず紆余曲折の末俳優という道に入りました。その点は、思春期まで暴れ放題だった、スティーブ・マックイーンに重なるところがあります。2月に22歳のアラン・ドロンが見られる「お嬢さんお手柔らかに」が発売されます。ぐっと渋い彼ももちろんいいのですが、まだまだこれからの新鮮な魅力いっぱいのアラン・ドロン。心置きなくお楽しみください。

新年あけましておめでとうございます。タキシードのジョン・ウェイン

4997fcdbcc9035add100464796984106.jpg

新しい年が始まりました。今年も4日より檸檬でお待ちしています。IT社会になってから何かと落ち着かない世界になってしまったような気がします。お疲れの皆様には、古今東西の素晴らしい映画を観て頂くことをお勧めします。ゆったりした時代の豊潤で心に残る作品の数々。年末に初ブルーレイ化されたジョン・フォードの「静かなる男」今までの画像とは別世界のすばらしさ。以前はジョン・ウェイン砂塵まみれの西部の男のイメージでしたが、監督の郷土愛にあふれたこの映画では、男気とやさしさを兼ね備えた最高の一本。というわけでお正月のブログの初めはジョン・ウェインのタキシード姿。お似合いですね。

マックイーンも猫が好き!

DrMYceRWsAE8LWu[2031]_convert_20181203081705
シャープな切れ味のアクションが身上のスティーブ・マックイーンもこんな時間があるんですね。トラネコちゃんは幸せ者。自宅のキッチンで餌でも貰った後でしょうか。そんなプライベートな時間でもサングラスと言いぴったり似合うジーンズと言いさすがセンス抜群の彼らしいかっこよさ。さらっと自然体の着こなしは見習いたいものです。

ベルナルド・ベルトルッチ「暗殺のオペラ」今月のシネマクラブ

1e6e951b9747e387c76f536b45f3af50385814d7_convert_20181125054704.jpg
やっとと言いましょうか、待ってましたと声をかけたい「暗殺のオペラ」。ヨーロッパでの映画の権利関係が複雑なのか、発売されるのは「暗殺の森」ばかり。世評の高い「暗殺の森」に隠れてこの美術品のような映像美の作品が埋もれていたのはもったいない。映像のすごさは名手ヴィットリオ・ストラーロのおかげ。これは見てみなければわかりません。俳優で有名と言えば「第三の男」「夏の嵐」のアリダ、ヴァりぐらい。架空の町北イタリアの、タラ。そこに降り立った暗殺された英雄の息子父と名前まで同じアトス。暗殺の真実を探っているうちに現実と幻想がないまぜになっていく・・。彼が中庭でまどろむ白昼夢かと思われるような。これが監督29歳の作品とは驚くばかりです。何よりこの作品がブルーレイの美しい画面で観られる映画にとっていい時代になりました。

さてこの人は誰でしょう?と送られてきた写真ですが・・・。

Dp0U1UJWkAAdCa2[1902]_convert_20181103054924_convert_20181103055244
だいぶ昔の写真ですがどこかに面影があるはず…と考えてみましたがハテ?この若者は(昔の人は老成してます)彼の作品は誰もが何かしら観ている映画の監督。髪の毛ふさふさのヒッチコックです。そういえば口元と輪郭がとは思いますが、晩年はかなりの変貌ぶり。好みの女優に入れ込んで撮っていたようですが、さぞや奥様は気をもまれたことでしょう。今生きていればパワハラ、セクハラのオンパレードで、ハリウッドから追放なたは干されること必定。ウッディ・アレンと言い世の中とかけ離れたところがあるからこその、独特の作品群。難しい世の中になりました。